歯を快適に使っていくために|矯正歯科で歯列矯正

顎関節症を診る診療科

医療器具

顎関節症というのは顎を動かすことで痛みを感じたり顎が動かず口が開かなかったりといった症状がみられます。治療を受けなかった場合には症状が慢性化することがあるので、専門医の適切な治療を受けることをお勧めします。

もっと読む

技術のある矯正歯科選び

歯医者

船橋市で歯列矯正の治療を受けようと考えた際には、日本矯正歯科学会の認定歯科医のいる矯正歯科を受診することをお勧めします。高額の治療費が掛かる歯列矯正において、知識と技術のある歯科医による治療を受けることで確実な治療結果を得ることができます。

もっと読む

虫歯の治療相場

歯科

虫歯の治療というのはその症状の重さによって治療費用が変わっています。それは大阪府豊中市の歯科医院でも同様で、早期に治療しなければ治療費が高額になっていく他、歯を抜かなければいけなくなってしまうでしょう。

もっと読む

歯列矯正の治療費用

女性

大人になってから自身の歯並びについて悩む人は少なからずいるでしょう。そういった悩みを抱える大抵の人は歯列矯正というのは、大人になってからでは遅いと考えているかと思います。そんなことはなく、時間と費用が掛かりますが大人になってからでも歯列矯正をすることは可能なのです。大人になってから受ける歯列矯正の治療費用について知っていきましょう。
歯列矯正というのはそういった治療を専門とする矯正歯科を受診して行ないます。矯正歯科を受診した際には、治療前の段階で初診・相談料として約6千円を支払う場合があります。矯正歯科の中には初診・相談料を無料で行なっているところもあるので、事前に確認しておくといいでしょう。初診が終わると、頭部X線での精密検査が行なわれます。この精密検査では約2万5千円から6万円の検査料が掛かるといわれています。そういった精密検査を終えて、専門医が治療方針や治療に掛かる期間について診断してくれます。この診断費用として約1万円から4万円を支払う必要があります。まだ、この診断の際には治療に掛かる費用等の説明も行なわれるのでしっかりと聞いておきましょう。ここまでの工程を負え、歯列矯正の治療に入ります。歯列矯正の治療には様々な方法がありますが、その中でもポピュラーな表側矯正装置での治療では約65万円から100万円の費用が治療相場とされています。そういった装置を装着しての治療においては経過観察や調整が必要で、定期的に矯正歯科を受診しなければなりません。その際には受診の都度、処置料として約千円から1万円の支払いが必要になるでしょう。治療を終えた後においても装置を外した後のリテーナー代として約1万円から6万円、歯並びが戻っていないかの定期チェックによる診察で約2千円から8千円の支払いが必要となります。